窓からの景色も暮らしの一部になる、木のぬくもりと開放感にあふれた住まい

2021.02.04

    高松コンストラクショングループに家づくりをご依頼いただいたご施主様に、弊社をお選びいただいた理由や、住まいのお気に入りのポイントなどをお伺いする本インタビューシリーズ。今回ご登場いただくのは、神奈川県横浜市にお住まいのY様ご夫妻です。ご家族の生活の場としてだけではなく、ご自身が経営されている美容室のスタッフの方々と共に、ミーティングや懇親会を開催する場としても住まいを活用されているというY様ご夫妻。その開放感溢れる空間や、長期的な暮らしを見据えた家づくりへのこだわりなどについて、詳しくお話を伺いました。

    要望やこだわりを汲み取ったうえで、予想以上の提案をしてもらえた

    ──まずは改めて、今のお住まいを建てようと思われたきっかけから伺えますでしょうか。

    Y様:もともと一軒家に興味はあったんですが、一番のきっかけになったのは私たちの結婚と出産でした。以前は二人で賃貸のマンションに住んでいたのですが、出産後の子育てのことも考えると、この先賃貸にお金を払い続けるよりは、資産的価値も残る一軒家を建てたほうがいいんじゃないかと思うようになったんです。職場へのアクセスなども踏まえて土地探しを始めた段階で、今の住まいのエリアに2年後には駅ができるということもわかり、それならこの場所を抑えてしまおうとなりました。たまたまタイミング良くいい土地を見つけることができたので、予定していたよりも早く、実際の設計や施工にも進むことになりましたね。

    ──数ある住宅会社の中でも、高松コンストラクショングループのタツミプランニングをお選びいただいた理由はなんでしょう。

    Y様:会社選びで大切にしていたのは、選べる木材やパーツなどの豊富さでした。というのも、私たち自身、「せっかく注文住宅をつくるならこうしたい」という具体的なイメージがもともと強くあったんです。当時はいろいろなハウスメーカーさんも比較検討したんですが、中には、「本物の木を使いたい」と伝えても「本物っぽくはできるけど模造になってしまいます」と言われたり、「1階を見渡しがいいようにワンフロアにしたい」と伝えても「ここは壁をいれないとできないです」と言われたりと、制限のあるところも多くて…。そんな中、タツミプランニングさんにご相談してみたところ、私たちの要望やこだわりを汲み取ってくれただけでなく、予想していたよりもさらに素敵な設計を提案してもらえたんです。また、費用面でも現実的な見積りを提示してもらえたので、「ここの会社だったら理想の住まいをつくれそうだな」と思い、タツミプランニングさんにお願いすることにしました。その後の設計士さんとの打ち合わせでも、こちらの実現したいことを丁寧に聞き出してくれたうえでさまざまな提案をしてくれたので、とても楽しみながら、また信頼感をもって家づくりを進めることができました。

    訪れた人たちが、「こんな家に住みたい」と思えるような住まいに

    ──広々とした空間や木のぬくもりなどが印象的なY様のお住まいですが、家づくりにあたって大切にされていたポイントや、こだわられたポイントは何でしょうか。

    Y様:特に重視していたのは、住まいとしての開放感です。限られた土地の中でも狭さを感じさせず、子どもが走り回れる空間づくりは、設計士さんにも当初から強い要望として伝えていました。また、窓から見える風景を借景とする家にしたいと考えていたので、そのような工夫を設計に入れていただきました。大きな窓やウッドデッキなども、やはり開放感や借景を踏まえたうえでこだわったポイントです。そのほかにも、2階にある子ども部屋を現在は大きなひとつの部屋として使っていますが、将来子どもが増えた時に、この部屋を間仕切りで2つの部屋にできるようにもしてもらいました。こういった長期的な暮らしを見据えた家づくりができるのも、やはり注文住宅ならではの魅力だと感じています。

    ──お住まいの中で、特にお気に入りスペースやご自慢の設備などはございますか。

    Y様:広々とした1階スペースが特にお気に入りです。というのも、1階はお客様用として大人数でのミーティングや懇親会も楽しめる空間にしたいと考えていたので、なるべく壁で仕切らないようにしたかったんです。実際に訪れた友人や職場のスタッフたちからも、「すごくおしゃれですね!」「こういう家に住みたい!」と言ってもらえると、こだわって良かったなと改めて思います。1階の真ん中にはオープンキッチンがあり、仲間たちが飲み物や料理をつまんでいったり、一緒に料理をしたりと、みんなでワイワイと楽しめる空間になっているのがとても気に入っています。子どもがいる時にも、キッチンから目が届くのでいつも安心です。

    ──ちなみに、2020年のコロナ禍で、ご自宅で過ごされる時間も増えたのではないかと思います。ご自宅で過ごす時間が増えた中で、今のお住まいで良かったなと感じたことは何かございますか。

    Y様:コロナの影響で家での過ごし方が大きく変わった感覚はないのですが、今の住まいになってからは、居心地の良さから外食をする機会が減ったので、それは結果として良かったことのように感じています。ちょっと外に出たいなと思うことがあっても、ウッドデッキで食事をしたり、バーベキューを楽しんだりもできるので、家で過ごす時間が増えたからといって特に閉塞感を感じたことはありません。今思えば、私たちのライフスタイルに大きな変化が起きていないのは、この家のおかげなのかもしれないですね。

    高松コンストラクショングループへの期待

    ──Y様が今後、「住まいをこのように活用していきたい」というお考えがあれば、ぜひ教えていただけますか。

    Y様:近い将来、土地の空いているスペースをつかって、地元の方々のための新たな美容室をつくれないかと考えているところです。そのほか、これから子供が増えた時には、家の中に新たにロフトをつくったり、屋根裏に物置をつくったりと、その時のライフスタイルに合わせて住まいも改造していけたらいいですね。そうなった時には、またタツミプランニングさんに相談できたらと思っています。

    ──最後に、今後の高松コンストラクショングループに期待されていることなどがあれば、ぜひお願いいたします。

    Y様:自然が多い場所に建っている家ということもあって、長年住んでいると、土が舞って外壁が汚れてしまうこともあるのが最近はちょっとした悩みだったりするんです。もちろんある程度は仕方のないことですが、そういった外壁の汚れや木材の退色など、長期的な暮らしの中でのメンテナンスまでをサポートしていただけるサービスができたら、私たちはぜひ利用したいですね。事前に住宅設備の破損などに備えるための保険はご紹介いただいていたので、その点はとても助かっているのですが、実際に住んでみないとわからない住まいのトラブルというのはどうしてもあると思います。高松コンストラクショグループさんならではの事業規模やグループのつながりを活かして、そういった悩みまでサポートしてくれるサービスが生まれたら、きっと喜ぶユーザーは多いのではないでしょうか。

    Related post関連の記事

    関連の記事